市場会計補正予算ー7年前の豊洲

30日に臨時議会がありました。築地市場の豊洲移転に伴う補正予算案についてのについての代表質問に、都民ファーストの会からは木村基成議員がたちました。

 私は2009年から1年だけではあるものの、都庁担当の記者をしておりました。当時から市場問題は議会において激しく議論が交わされており、私は取材者としてこの件を追いかけておりました。当時は築地再整備案や豊洲移転案の比較検討がされておりました。また豊洲では、土壌汚染対策の有効性を確認する実験が行われていました。

 これは2010年4月ごろに、記録として私が撮った写真です。今は豊洲市場が建っている場所です。この時、記憶に残ったことがあります。この水たまりに「おたまじゃくし」が泳いでいたのです。この水たまりは、カエルの卵が孵化するくらいの期間はここにあり、そのお水でおたまじゃくしが孵化して生きていくことができたということですね。

築地市場にも毎日のように取材にお伺いし、関係者からもたくさんお話をうかがわせていただきました。あれからもう7年経っています。市場関係者の皆様のご苦労と疲弊を考えると、本当に心苦しくなります。9月の定例本会議を待たずに、東京都中央卸売市場会計補正予算を臨時議会で審議しているのは、一刻でも早く移転を進めるためだということです。もっともなことだと思います。


話は変わりますのが、議事進行役の斉藤れいな議員です。気合の入ったグリーンのスーツで、しっかりとした野太い声で「ぎちょーーー」と動議を提案していました。緊張の面持ちで、でもしっかりと前を見据えて声を上げている斉藤さんを、こっそり振り返って応援している私の姿が写真に写っていました。この時ばかりは、小池都知事も少し笑みを浮かべて、斉藤さんの頑張っている姿を優しく見守っておりましたよ。

龍円あいりブログ

ちがいを ちからに 変える街 渋谷区から 多様性のある社会を実現していきます! 都議会議員 龍円あいり (都民ファーストの会 渋谷区選出)