日本初の障害児保育園「ヘレン」視察

かねてから視察したいと願っていていた認定NPO法人フローレンスが運営する障害児保育園「Helen(ヘレン)」に伺わせていただきました。

都民ファーストの会の広報本部で一緒の斉藤れいなさんと、森澤恭子さんと一緒です。

駒崎弘樹代表が視察のアテンド及びお話をしてくださいました。

「障害児保育園」という名前を聞くと「へーそんなものがあるんだ」と、行政の仕組みの中に「障害児専用の保育園」なるものが存在しているかとように思われる方もいると思います。

ないです。そんなもの。

スペシャルニーズのあるお子さんの親なら知っていると思いますが、ただでさえ待機児童が社会的な課題としてある中で、加配の先生をつけたり、看護師をつけたりする必要があるスペシャルニーズ児は本当に驚くほど受け入れてもらいにくいという現状があります。

特にたんの吸引、呼吸器、経管栄養などの医療的ケアを必要とするお子さん(医療的ケア児)は、保育士よりも人件費が高い看護師を配置する必要があることから、一般の保育園での受け入れは、ほとんどないのです。


フローレンスが製作した「医療的ケア児について1分でわかる動画」



保育園にお子さんを通わせることができないことや、療育に通わせる必要などの理由から、日本ではスペシャルニーズ児の母親の95%が安定した就労ができていません。父親だけの収入に頼り、医療費や療育費用もかかるため、収入面では厳しい家庭も少なくありません。そんな中、昨今は医療の進歩によって医療的ケア児が増えています。平成17年に9400人だったのが、平成27年には1万7000人に跳ね上がっています。

だったら「児童発達支援事業」があるじゃない!

と思われるかもしれませんが、ここにも落とし穴があって、児童発達支援事業での医療的ケア児の受け入れは進んでいないのです。その理由は、医療的ケア児が「加算の対象になっていない」からなんです。つまり看護師を雇用できないのです。受け入れたくても受け入れられないのです。「赤字」になってしまうのですもの。

じゃ、なぜ障害児保育園「ヘレン」がありえるのでしょうか?

これは、駒崎さんの熱い熱い想いによってのみ、実現したと言っても過言ではないです。

ウルトラC技を使っているのです。在宅訪問型保育事業と、児童発達支援事業を無理やり組み合わせているのです。行政側からすれば「とんでもない、わけのわからないことをしている」のだろうと思います。でも、それによって、ようやく赤字をギリギリ出さずに、医療的ケア児を預かれているのです。

親からすると、本当に本当に助かっていると思います。その上、一般の保育園にはない「療育」までも提供しているということで、本当に夢にまでみるような場所なのです。

とはいえ、ヘレンのような保育園が増えないのは、このウルトラC技が、あまりにリスクが高く、その上労力を使わなくてはならない、大変なものだからです。

一般的に考えたら、医療的ケア児を含まず長時間預からない児童発達支援事業をするか、障害児を受け入れない保育園を経営している方が、労力的にも金銭的にも安定しているのです。だから真似する他の企業が出てこないんですよね。。。。

であればこそ、行政の枠組みを変えていく必要がある、と私は思います。

保育園で重症心身障害児や医療的ケア児が受け入れることができるようにするか、または児童発達支援事業に医療的ケアが必要なお子さんを預かりやすくする環境を整えた上で保育的な機能を果たせるようにするべきなのです。

都民ファーストの会の厚生部会のメンバーとして「障害児支援について」の代表質問の原案作りを担当させていただいています。この視察から得たものも盛り込んで、制作していきます。

ご意見がある方、ぜひお寄せください。

info@airi-ryuen.com


龍円あいりブログ

ちがいを ちからに 変える街 渋谷区から 多様性のある社会を実現していきます! 都議会議員 龍円あいり (都民ファーストの会 渋谷区選出)