「とちょう保育園」視察

都議会の議事堂にあります「とちょう保育園」を、未就学児のママ議員たちを中心としたメンバーで視察させていただきました。

左から、あかねがくぼ嘉代子さん後藤なみさん成清梨沙子さん荒木ちはる代表、細谷しょうこさん森澤恭子さん森あいさん、私です。


都議会議員としての職務ををまっとうしながらも、母親として育児をする必要がある私たち。

急に審議が紛糾したり長引くこともある都議会において、保育園のお迎えを誰がいくのか、夜遅くなった時は誰がお子さんの面倒見るのかなど、現実的な課題がたくさんあります。

私は、シングルマザーです。

実家に出戻っている時は、母に育児を全面的に手伝ってもらえましたが、自立してからは二人暮らしになり、息子の育児を誰かに頼ることができなくなります。要介護の父がいるので、母には来てもらえなくなってしまうのです。またダウン症がある息子は、摂食が簡単ではないことから、ベビーシッターさんに預けるのにも不安があります。

子育てと政治家としての両立は、至上の命題なのです。

幸いにもママ議員がたくさんいる都民ファーストの会では、こうやって子育てと政治を両立するためにどうすべきかを考えるプロジェクトチームが動いています!

「とちょう保育園」は多摩産材を利用した手作りの家具で、本当に暖かい雰囲気でした。


私が生まれ育ったスウェーデンの国会内には、議会開催中にのみ開園する託児所がありました。都議会の中にも、そういった託児スペースを確保できるといいなと話し合っております。

これだけ多くのママ議員が都議会に揃ったのは、これが初めてなのだそうです。だからこそ、私たちが働きやすい環境を作っていくことで、今後も女性やママたちが政治に参加しやすい流れを作って行きたいと思っています。

保育園内は完全なバリアフリーになっていました。素晴らしい!


龍円あいりブログ

ちがいを ちからに 変える街 渋谷区から 多様性のある社会を実現していきます! 都議会議員 龍円あいり (都民ファーストの会 渋谷区選出)