車イス駐車場に停めません宣言!

「車イス駐車場に停めません」キャンペーン

を掲げているWaWaWaプロジェクトの皆さんと、渋谷区議会議員の伊藤たけしさん達が都議会に来てくださいました。都民ファーストの会の音喜多都議もお誘いして、一緒におはなしをうかがわせていただきました。

「車椅子使用者用駐車場」を、車椅子使用者ではない方達が停めていると知っていますか?

私自身は停めようと思ったこともなければ、当然、あのスペースに停めているのは車椅子使用者だろうと思い込んでました。。。なぜそう思い込んでいたかというと、以前住んでいたアメリカカリフォルニア州では、車椅子使用者駐車場に停めると$250-$1000(2万7000円から11万円)の罰金、使用許可証を不正に使うと6ヶ月以内の禁固刑の場合もあり得るのです。利用資格のない人が停めるのは、犯罪なのです。つまり。

しかし日本では罰則はなく、マナーを守らずに車椅子使用者用駐車場に停めてしまう方が、一向に減らないのだそうです。この日も、非常に残念なことに、WaWaWaプロジェクトの方が都庁第二庁舎の駐車場に停めようとしたら、車椅子使用者駐車場に業者の方が停めていて、困ったのだそうです。「はぁ?!都庁でしょう?誰もが平等に訪れることができる様に配慮するべき場所でしょう?どうなってんの?」と思いました。

車椅子利用者は、乗り降りするために、よりスペースが必要となります。だから健常者と言われる人たちがそこに停めてしまうと、車から降りることができなくなってしまうのです。駐車場内での移動にしやすさなどが配慮されいます。車椅子利用者駐車場には停めないようにしませんか?

パラリンピックが開催されるときに、東京中の車椅子利用者駐車場が「健常者」に使われていたらとしたら、「見せかけだけのおもてなし」だと言われても仕方ないだろうと思います。本当に現状を聞いてがっかりしました。罰則化を望みますが、まずは宣言から始めさせていただきます。

「わたしは停めません宣言!」

このキャンペーンについて詳しく知りたい方は、

http://www.wawawa-jp.com


<お知らせ>

9月18日(月曜日)東京都が主催する「チャレスポ!TOKYO」に行きませんか?

パラリンピック種目が一堂に会して「体験することができる」のです。

オリンピックやパラリンピック選手もたくさんゲストとしていらして

一緒にチャレンジしたり、ステージイベントでお話を聞いたりできます。

ちびっ子たちが遊べるスペースもあります。

詳しくは、公式HPをご覧いただけたらと思います。

http://tsad-portal.com/challespo2017/

私は息子と行く予定です!

小池都知事や、オリンピックパラリンピック特別委員会のメンバーも行くとおっしゃっておりました。

龍円あいりブログ

ちがいを ちからに 変える街 渋谷区から 多様性のある社会を実現していきます! 都議会議員 龍円あいり (都民ファーストの会 渋谷区選出)