都民ファーストの会「女子会」に都知事も

都民ファーストの会の女性活躍推進本部の皆さんと

荒木ちはる新代表をお祝いしました!

いやぁ、楽しかったです。個性豊かで素敵な女性ばかりの都民ファーストの会です。

荒木代表はハツラツと元気で、若いけれどじつは政治経験が豊富で非常に長く、

小池都知事の第一秘書として信頼された能力がおありで、

そして、そして、何よりもそんじょそこらにいないような気立てのいい女性です。

心持ちがいいお方です。

責任感が強く、明るくて優しくて、本当にチャーミングで、

とにかく万人に好かれる女性です。

こんなに代表にふさわしい方はいないと思います。

お忙しいというのに、荒木代表をお祝いするために、小池都知事も駆けつけられました。

お二人は、なんだか親子みたいですね。

小池さんは戦士のような英断力と、未来を見通して創りだすお力と、そしてリーダーシップがあるお方ですが、こんな場面では優しい慈愛に満ちた表情をなさっておられました。

さて今日は「厚生委員会」の審議があります。都議として初めて「質問」をさせていただきます。やや緊張していますが、仕事をさせていただけることの喜びを感じています。


「広尾病院整備基本構想」と、障がい者支援施設「清瀬喜望園の民間移譲」について質問をする予定です。広尾病院は、私の地元の渋谷区にありますので、「地域への貢献」という視点からお話を聞く予定です。そして喜望園の方は、自分の息子も将来は何かの施設で生活する可能性があるという親の目線も交えてお話を聞こうと思っております。


そして、今日の厚生員会では、私たちが提案する「東京都子どもを受動喫煙から守る条例案」についての審議があります。

この条例案は岡本こうき都議の渾身のものです。元々は都民ファーストの会の政策顧問弁護士だったことから、都議になる前から基本構想を温めてこられておりました。ですから、就任からわずか2ヶ月後の本会議に条例案が出せたのです。それをカタチにするために山内政調会長と桐山ひとみ都議が、各種の調整等に奔走してきました。(本当に、字のごとく奔走しておりました)また公明党の区議の皆様とも協力して調整をして参りました。

今日の委員会では、岡本さんと桐山さんが答弁に立ちます。これは都議会ではとってもとっても珍しい光景です。なんといってもこの25年の間に、議員提案条例はわずか1本しか可決されていないわけですから。よければ応援いただけたら嬉しいです。


龍円あいりブログ

ちがいを ちからに 変える街 渋谷区から 多様性のある社会を実現していきます! 都議会議員 龍円あいり (都民ファーストの会 渋谷区選出)